「情熱大陸」に出たくてたまらない男の日常

その「みずから寄せていく生き様」を見よ

依頼が来る前から心の準備ができています(写真:Graphs / PIXTA)
「このシリーズマジでおもしろすぎる」
  ――ぼくのりりっくのぼうよみ(ラッパー)
「感動のラストだった……」
  ――はあちゅう(作家・ブロガー)


TBS系ドキュメンタリー番組「情熱大陸」への出演を夢見て、いつオファーが来てもいいように「情熱大陸っぽい」生活を送る漫画家・宮川サトシ。その偏愛に満ちた日常を描いたコミックエッセイ『情熱大陸への執拗な情熱』より、幻冬舎plusとのコラボで爆笑必至の第1話を大公開します!

今最も「情熱大陸」に出たがっている漫画家

次ページこれまで大きなヒットもないが
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。