「情熱大陸」に出たくてたまらない男の日常

その「みずから寄せていく生き様」を見よ

依頼が来る前から心の準備ができています(写真:Graphs / PIXTA)
「このシリーズマジでおもしろすぎる」
  ――ぼくのりりっくのぼうよみ(ラッパー)
「感動のラストだった……」
  ――はあちゅう(作家・ブロガー)


TBS系ドキュメンタリー番組「情熱大陸」への出演を夢見て、いつオファーが来てもいいように「情熱大陸っぽい」生活を送る漫画家・宮川サトシ。その偏愛に満ちた日常を描いたコミックエッセイ『情熱大陸への執拗な情熱』より、幻冬舎plusとのコラボで爆笑必至の第1話を大公開します!

今最も「情熱大陸」に出たがっている漫画家

次ページこれまで大きなヒットもないが
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT