「情熱大陸」に出たくてたまらない男の日常

その「みずから寄せていく生き様」を見よ

依頼が来る前から心の準備ができています(写真:Graphs / PIXTA)
「このシリーズマジでおもしろすぎる」
  ――ぼくのりりっくのぼうよみ(ラッパー)
「感動のラストだった……」
  ――はあちゅう(作家・ブロガー)


TBS系ドキュメンタリー番組「情熱大陸」への出演を夢見て、いつオファーが来てもいいように「情熱大陸っぽい」生活を送る漫画家・宮川サトシ。その偏愛に満ちた日常を描いたコミックエッセイ『情熱大陸への執拗な情熱』より、幻冬舎plusとのコラボで爆笑必至の第1話を大公開します!

今最も「情熱大陸」に出たがっている漫画家

次ページこれまで大きなヒットもないが
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。