同棲を決めたカップルの「本音」と「その後」

1都3県の男女300人に調査!

今のパートナーと結婚の予定は?(写真:Taka / PIXTA)
当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

暮らし方の選択肢として、一人暮らし、家族暮らし、シェアハウスなどのほかに、「同棲」という形もあります。二人で住むのは楽しいけれど、一緒に住んでみて分かることや、いいと思って選んだ間取りがイマイチだった、なんてこともあるかもしれません。そこで今回はそんな「同棲」について調査を実施しました。全7回でお送りする同棲調査、第一弾は、同棲に至るまでの交際期間や、同棲することになったきっかけについて。ちょっと気になる同棲のあれこれをぜひチェックしてみてください!

同棲までの交際期間は!?

はじめに、どのくらいの交際期間で同棲することを決めたのか聞いてみました。

1年以上~2年未満の交際期間で同棲することにしたカップルが20.3%と最も多いという結果に(出典/SUUMOジャーナル編集部)

結果を見ると、1年以上~2年未満(20.3%)が1位、僅差で3年以上(19.3%)が2位でした。

じっくり付き合ってから同棲したカップルがいる一方で、付き合って間もないラブラブ期間に同棲することにした3カ月未満も20.7%いるので、交際期間の長さは同棲をスタートさせる時期とあまり関係がないと言えそうです。

次ページ同棲することになったきっかけは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT