巨人13連敗はGMの責任だけですまされない

広岡達朗「コーチたちの真剣さが見えない」

これではさすがの日本でも、GMが責任を問われてもしかたがない。

しかし、堤・前GMは3人を実際に見て獲得したのだろうか。私は以前からDeNAの関係者から、「山口は横浜時代から故障していた。巨人はあの傷物をよく獲りましたね」と聞いていた。政界でも、入閣するときは“身体検査”を受けるが、体が命のプロ野球で、故障持ちを承知で獲得を勧めたスカウトがいたのなら、そのスカウトこそクビにすべきだ。

今回の巨人問題は、GMの責任だけではすまされない。本来、監督の人選はGMの専権事項であり、GMが自分のめざすチーム編成方針にそって理想の候補者を球団トップに推薦し、トップは本社に報告して決定するのだ。

ところが巨人は、読売本社の意向を優先させてコーチ経験もない現役外野手・高橋由伸をいきなり新監督に据えた。これはファンや新聞購読者を引き留めるための損得優先の方策であり、球団のスターを現役から即監督にするのはファンをだますだけだ。

一方、この監督が外野手出身で指導者の経験がないのなら、それぞれの担当コーチが責任を持って選手を指導し、監督を補佐しなければならない。ところが戦場(グラウンド)を見る限り、コーチたちの真剣な仕事ぶりがまるで見えない。

チーム強化の原点は、ドラフト会議で獲得したはえ抜き選手を育てることである。たとえFAやトレードで大型補強をしても、その一方でドラフト1位や2位の選手が育たないのは、二軍も含めてコーチたちに選手を育てる能力とやる気がないからだ。

読売本社は真のGMを育てる覚悟を

12球団で最も歴史が古い巨人は、初代オーナーでプロ野球の創設者・正力松太郎の時代から、ペナントレースに勝つのは当たり前、日本選手権(日本シリーズ)に勝って初めて「よくやった」と褒められた。

現在の巨人も、大正力の威光を汲んで「なんとしても日本一にならなければ」と大金をつぎ込み、FA選手をたくさん獲った。しかし、資金力でいい選手を集めたはいいが、結果が出なかったことを、率直に反省しなければならない。

今回は巨人OBの鹿取義隆をGM兼編成本部長に起用したが、読売本社は本来あるべき姿のGMを作るため、彼に大正力の言う「日本選手権に勝つ」ためのチーム作りと、監督・コーチ人事を任せる覚悟とガマンが必要だ。

そうすることで、球団フロントにも野球の現場にも責任観念を植えつけることができる。

焦ることはない。あれだけ素材のいい選手が揃っているのだから、正しい野球を教え込めばすぐ勝てる。なにも大金をつぎ込んで、他球団が育てた選手をかき集める必要はない。

(文:広岡 達朗)

幻冬舎plusの関連記事
シンギュラリティ到来でエネルギー価格はゼロになる
男の見栄が女を生きにくくさせる
思わず離婚を考えてしまうほどの読書とは何だったのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT