旭化成「禁煙マンション」がじわり広がるワケ

東京都内で30~40棟に拡大

受動喫煙対策の強化、さまざまな動きがありますが…(撮影:今井康一)

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた取り組みの一つに、受動喫煙対策の強化がある。街中での喫煙エリアの縮小、飲食店、パブリックスペースの分煙化などさまざまな動きがあるなか、住宅業界においてもユニークな事例が出てきた。旭化成ホームズが展開する「禁煙マンション」だ。居室部分を含む建物内および、敷地内の喫煙を完全に禁止にした賃貸マンションである。その狙いや背景、今後の展開などについて同社に聞いた。

契約書に「喫煙禁止」のルールを明記する徹底ぶり

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

2014年11月からスタートした「禁煙マンション」は現在、東京都内で30~40棟。1LDK~2LDKの、シングルもしくは夫婦2人暮らしを想定した物件が多い。禁煙マンションといっても特別な設備があるわけではなく、「喫煙をしない」というルールのみが共有されている。

「入居条件が『禁煙を守る』というだけであって、他には特に変わったことはありません。また、家賃も通常の地域の相場と変わりません。入居者は20代から40代の方が中心で、男女比は半半。特別に女性が多いというわけではないですね」(旭化成ホームズ マーケティング本部の高橋浩介氏、以下同)

なお、賃貸借契約を結ぶ際に行う「重要事項説明」の書類には、「敷地内及び屋内での喫煙を厳禁とする。またこれを遵守できない場合は借主に対し貸主は何らの催告を要せず、本契約を解除することができる」と記されている。マンションの管理規約などで共用部の禁煙を明記しているケースはあるが、貸主・管理側がここまで徹底しているのは珍しい。もちろん、入居者本人だけでなく、部屋に遊びに来た友人などの喫煙もNGだ。

ありそうでなかったコンセプト。昨今の禁煙志向の広がりも相まって、健康志向の入居者には好評のよう。さらに、マンションのオーナーにとってもメリットが大きいという。

次ページ規約に書き足すだけでできるが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT