「食べないダイエット」に潜む想定外のリスク

ちょっとずつしか食べなくても痩せられない

理想の体型を手に入れるための食事法とは?(写真:ABC / PIXTA)

大事なのは「何を食べるか」よりも「いつ食べるか」だったんです! いつでもラクラク2kg痩せできて、しかもきれいな体型になれるノウハウがぎっちりと入っているのが『12時前にランチを食べれば太らない。』です。食べながら痩せたい人、必読!

ちょこちょこ食べが痩せないのは食間が短いから

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

「カノンさん! 私、食べてないんですよ、ちょっとだけしか。ご飯も減らしているし、おやつだってちょっとだけなんです。でも、全然痩せないんです。どうしてでしょう?」

私のサロンでは、ダイエットはもちろん下半身痩せ、バストアップなど、体重&体型の悩みを個人カウンセリングしています。そのなかでとても多いのが、「食べるのを減らしているのに痩せない」という悩みです。

その気持ち、とてもよくわかります。

「ちょっとしか食べてないのに」という言葉の裏には、「そりゃ、たくさん食べたら太るのはわかっています。でも、ちょっとだけなら太らないはずなのに……」という気持ちがあるのです。

個人カウンセリングでは、最初に身体のサイズ計測とあわせて4日分の食事の報告をしてもらっています。朝起きて、いつ、何を、どれくらい食べたかを記録して提出してもらうのです。

そこで、「ちょっとだけしか食べてない」という人たちの食事について分析してみると、実は約2時間おきに、ちょっとずつ何かを食べているパターンが多いのです。

次ページちょっとだけ……ちょっとだけ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT