「南の島」に移住した人たちの生活と本音

埼玉と兵庫の会社員が、波照間島へ

――移住する際に、不安なことはありませんでしたか?

チヒロさん「僕はありませんでした。正直にいうと、考える余裕がなかったです。そのときは少しでもお金を稼がなくてはという気持ちだけでしたね」

カナさん「やっぱりお金ですね。ここに通っているときからスタッフの方と話をして、だいたいお給料がどのくらいかは聞いて知っていたんですけど、それでも不安でした」

――その不安は、いまでも気になりますか?

カナさん「思っていたほど気になりませんでした。チヒロさんも言っていたんですけど、島に来て物欲がなくなりました(笑)。メイクも全然しなくなりましたよ」

島のちょうどいい「不便さ」が魅力

――買い物など、島での生活で不便に感じることはありますか?

チヒロさん「不便までは感じないんですけど、コンビニや牛丼屋など、24時間やっている店がないのが寂しいなとは思います。たまに夜中に出かけたくなるので。日用品などの買い物も、男だからというのもあるかもしれませんが島の売店で事足りています。送料や時間が若干かかりますがネットショッピングも利用できますし。

不便だからといって、普段の生活に困るわけでもないので、不便さの度合いが自分にはちょうどいいと感じています」

カナさん「帰省がしづらいというのはあります。波照間の海は荒れやすく、空港がある石垣島までのフェリーも安定しないし、交通費もかかります。あとは、島には診療所や歯医者さんはあるけど美容院がなくて、髪を切りたいときは石垣島まで行かなくちゃならないんです。いま一番行きたいのは美容院です(笑)。買い物の不便さは慣れちゃえば全然平気ですね」

――人間関係はどうですか?

チヒロさん「島での人間関係は人との距離が近いのでので、合う合わないがあると思います。関係が密接だと、人のいいところだけじゃなくて悪いところも見えやすいです。それがダメな人もいるかもしれません。実際、人間関係が原因で島を出ていく人もいると聞いたことがあります。

僕は“悪いところがあってこその人間”だと思っているので、そこまで嫌だと感じていません。むしろ人が大勢いるところで暮らしていたときは、人の悪いところも受け入れる、ということを考えたことすらありませんでした。

逆に、人間関係が密で助かったこともありますよ。例えば、食材やお酒、いらなくなったけどまだ使えるものをもらったり。家を探していたときに格安で貸してくれたりすることもありました」

次ページ島に移住してよかったと思うことは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT