プロ野球でも「根性主義」はもう通用しない

かつて「うさぎ跳び」で鍛えた世代の懐古

少年野球時代に猛烈な指導を受けた世代が昔と今の指導を語ります(写真:m.Taira / PIXTA)
いよいよプロ野球が開幕しました! 今年はどのチームが優勝するのか、応援しているチームの動向に一喜一憂している方も多いのではないでしょうか。
華やかな舞台で、鮮やかなプレーを見せるプロ野球選手たち。しかし、1軍で活躍するヒーローたちの陰には、たくさんの「2軍選手」の存在があります。
プロ野球通でもなかなか知り得ない、そんな「2軍のリアル」を、現役監督である田口壮さんが解説してくださっているのが『プロ野球・2軍の謎』です。元メジャーリーガーだからこそ書ける日米ファームチームの違いや、2軍の試合の楽しみ方、監督としての苦労話など、内容の一部を抜粋しお届けいたします。

ど根性世代の監督

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

僕は昭和44年生まれ。スポーツシーンでは「ど根性主義」から「合理主義」へと移行する世代です。それまで一般的な下半身のトレーニング法とされ、マンガ『巨人の星』のワンシーンにも使われていた「うさぎ跳び」が実は膝を痛めやすいと知ったのは、ずっとあとになってからのことでした。

根性をつけるために水は飲まない、というのもありました。とある野球の強豪校ではその昔、水を飲ませないために蛇口が針金で縛りつけられていたといいます。現代では、考えられないことです。そんな無茶なしごきも、「水分補給をしなければ熱中症になる」という科学的かつ当然の理由で消えていきました。

「元気があればなんでもできる!」と言ったのはアントニオ猪木さんです。当時のスポーツ界は、「根性さえあればなんでもできる!」というど根性至上主義の時代で、指導する側も、生徒も、根性がすべてを左右するという意識を強く持っていました。だからこそ僕らと同世代の野球人の多くは、理不尽なしごきに耐え、脱水症状でふらついた試練の日々を乗り越えた、というプライドを持って生きてきたのです。

もっとも僕は、クラブチームに入っていたわけでもなく、小・中学校と、ごく平凡な学校の部活動で野球をやってきました。高校は、甲子園が見える場所にあるのに甲子園に遠いという公立校で、顧問の先生の専門は器械体操。大学に入っても、そこまでおどろおどろしいしごきや根性試しを経験しないままプロ入りしたのです。

次ページもう二度と戻りたくない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。