「何もない」ゆるりまいさんの家を見に行く

モノが減って、ストレスも減った

ゆるりまいさんに捨てる極意を学ぶ(写真提供/ゆるりまいさん)

「物を捨てたい病」を発症した「捨て魔」のゆるりまいさん。ドラマにもなったコミックエッセイ『わたしのウチには、なんにもない。』をはじめ、『なんにもない』シリーズを7冊出版。物を捨てたいけど捨てられない著者が、捨てる極意を学びにゆるりさん宅を訪ねた。

最初は「ゆるり」と。震災を機に一気に「捨て革命」

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

東日本大震災後に建て直したという仙台市のゆるりまいさん宅は、失礼ながら想像以上に立派でモダンな一戸建てだった。玄関に入っても靴が1足も出ていない。リビング・ダイニング・キッチンには、壁掛けテレビとラグ、ダイニングテーブルと椅子だけ。チリひとつない、ピカピカに磨かれたフローリング床が印象的だ。

テレビしかないリビングと食事用のダイニングセットを設置したダイニング。自分が使うものは共用スペースに持参して部屋に持ち帰る「私物持ち寄り制度」を採用している(画像提供/ゆるりまいさん)

モデルルームより家具が少ない、引越したてのようなガラーンとした部屋、棚もスカスカでディスプレイ棚のよう。やかん、炊飯器、電子レンジ、テレビのリモコン、ティッシュなど、普通の家にあるものが見当たらない。夫婦と母親、もうすぐ2歳になる長男、猫4匹が生活していて、こんなにキレイな状態をキープできるだろうか?

「物があふれて散らかっている『汚屋敷(おやしき)』に住んでいて恥ずかしいと気づいたのが高校生のころでした。祖母も父母も仕事にエネルギーを注ぐタイプで、家にこだわらない人。だから自分が片づけなきゃ、と思いましたが、結局物を捨てないとキレイにならないんです」と、ゆるりさん。

次ページまず自分のまわりから捨て始めた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT