空き家を子連れオフィスにするドイツの発想

ライプツィヒの取り組みに学ぶ

子どもたちのスペースのすぐ隣に親たちのためのワークスペース(写真提供:吉岡春菜)
パソコンさえ持ち込めば仕事ができる環境を備えている(写真:村島正彦)
小さな子どもたちのためのトイレも完備したバスルーム(写真:村島正彦)
「子連れオフィス」を運営するヨハンナ・グンダーマンさん(写真提供:吉岡春菜)

オフィスとしての利用だけでなく

ライプツィヒ西部、中央駅など中心地からトラムで20分ほどのリンデナウ地区。ヴィクトリア朝の重厚な趣のこの建物は当時空き家で、現在のオーナーが購入したのが2009年。「子連れオフィス」はこの建物の2階を借りて、キッチンやバスルーム、仮眠室などを含む7室がある。公的な助成金(約200万円)をはじめ、多くの人からの寄付や人的な援助を受けて、短い期間でオープンにこぎ着けたという。

次ページ親同士の助け合いも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT