空き家を子連れオフィスにするドイツの発想

ライプツィヒの取り組みに学ぶ

子どもたちのスペースのすぐ隣に親たちのためのワークスペース(写真提供:吉岡春菜)
パソコンさえ持ち込めば仕事ができる環境を備えている(写真:村島正彦)
小さな子どもたちのためのトイレも完備したバスルーム(写真:村島正彦)
「子連れオフィス」を運営するヨハンナ・グンダーマンさん(写真提供:吉岡春菜)

オフィスとしての利用だけでなく

ライプツィヒ西部、中央駅など中心地からトラムで20分ほどのリンデナウ地区。ヴィクトリア朝の重厚な趣のこの建物は当時空き家で、現在のオーナーが購入したのが2009年。「子連れオフィス」はこの建物の2階を借りて、キッチンやバスルーム、仮眠室などを含む7室がある。公的な助成金(約200万円)をはじめ、多くの人からの寄付や人的な援助を受けて、短い期間でオープンにこぎ着けたという。

次ページ親同士の助け合いも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。