空き家を子連れオフィスにするドイツの発想

ライプツィヒの取り組みに学ぶ

親たちが働いている続き部屋で(写真提供:吉岡春菜)

大きなダイニングには幾人かの女性がノートパソコンを広げて仕事をしている。続きの向こうの部屋には、3歳くらいまでの子どもたちがカラフルな遊具で遊んでいる。

ドイツ中部の都市・ライプツィヒにある建物の一室。ここは「ロックツィプフェル(Rockzipfel)」という、子どもたちとその両親のためのスペースだ。小さな手のかかる子どもたちを抱える親のための「子連れオフィス」として利用されている。

空き家だった場所が、子どもたちと親たちの空間へ

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

ここでは、子どもたちはほかの子どもたちやシッターなどの大人に会って遊んで交流することができる。その傍らで両親は仕事をできる。乳児がお腹をすかせたら、母親は仕事を中断して授乳することもあるという。まるで家にいるような和やかな環境で、子どもたちも大人たちも大らかに過ごしているようだ。

「子連れオフィス」の子どもたちのためのスペース(写真提供:吉岡春菜)
次ページパソコンさえ持ち込めば仕事ができる環境
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。