プロ野球「1軍と2軍」の知られざる関係性

特殊に感じるが一般社会に通じることも多い

2軍監督は一般企業でいえば「中間管理職」のような役割です(写真:tomwang / PIXTA)

WBCで日本人選手たちのプレーに感動した人も多いことと思いますが、いよいよ日本国内でも、プロ野球が開幕します! 華やかな舞台で、鮮やかなプレーを見せる一流選手たち。けれどその陰には、たくさんの「2軍選手」の存在があるのです。

プロ野球通でもなかなか知り得ない、そんな「2軍のリアル」を、現役監督である田口壮さんが解説してくださっているのが『プロ野球・二軍の謎』です。元メジャーリーガーだからこそ書ける日米ファームチームの違いや、2軍の試合の楽しみ方、監督としての苦労話など、内容の一部を抜粋しお届けいたします。

はじめに――2軍監督は「中間管理職」

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

プロ野球の「監督」といえば、全権を背負い、チームという世界を動かしているトップの人間というイメージがあります。しかし「全権掌握」がすなわち「独裁」ではなく、監督はあくまでもチームの一部として、全体の意見や方向性を鑑みながら意思決定していく立場のひとりです。

そんな中でも1軍監督はその方の持ち味なり、野球観をチーム作りに反映させていきますが、これが2軍となれば、仕事の核は「1軍の方向性を選手に浸透させる」「1軍と2軍の意思疎通を円滑にする」「1軍の戦力になる選手を育て、供給する」の3点となり、自分の意思・意見でチームの方向性を決める、ということはほぼありません。

僕は大学を卒業してそのままプロの世界に入ったため、サラリーマンの経験はありませんが、一般企業で働く友人たちの話から見えてくる「中間管理職」という立場が、もしかしたら2軍監督に一番近いものかなと想像しています。

次ページ47歳にして初めて
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。