リカちゃんが語る「超ポジティブ自宅ライフ」

朝、起き抜けにガッツポーズ!

リカちゃんの家での過ごし方は?(写真提供:リカちゃん)

着せ替え人形のリカちゃんが、まもなく生誕50周年を迎えるという。そうか、リカちゃんも50歳か……と思ったら、リカちゃんは永遠の11歳であるため年をとるという概念はないらしい。ただ、それでも50年の歴史のなかではさまざまな変化もあったようだ。 例えば、最近のリカちゃんは時流に乗り、SNSを活用している。そこで発信される日常は、小学5年生らしからぬきらびやかなものだ。特に、時折ツイッターにアップされる自宅でのひとコマは、リカちゃんの知られざるプライベートが垣間見えておもしろい。そんなリカちゃんのまぶしい毎日、主に「家での過ごし方」について、本人に聞いてみた。

家にいるときもオシャレをするとポジティブになれる

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

複数のSNSを使いこなす「リカちゃん」こと香山リカさん(11歳)。特に秀逸なのがツイッター。フォロワー数10万超えの「リカちゃん 公式*50th*♬(@bonjour_licca)」だ。その華麗なる日常を発信するツイートは、なんとも茶目っ気があり、おもしろかわいい。

日本一エレガントな小学生(写真提供:リカちゃん)

海外を一人旅したり、最旬グルメをフォロワーに紹介したりと、基本的にはアクティブなリカちゃんだが、まれにつぶやかれる自宅での過ごし方にも、なかなかのこだわりが見受けられる。今回は、そこに迫ってみたい。

次ページリカちゃんは自宅ではどんなふうに過しているのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT