大工さんの手を借りる「半リノベ」の可能性

インテリアスタイリストがやってみた!

かかわってくださった業者さんは、大工さんを筆頭に左官、水道、設備、電気、防水関係の方々。大工さんが工務店も兼ねているので、全て紹介していただくことができました。私の担当は、いわゆるプロデューサー的な立ち位置と、施行の手伝い。なるべく仕事をセーブしてこちらに集中しようと思って、工事期間の半分くらいの日数は現場にいましたね。今回職人さんたちにその場で要望を伝えながら、“感覚”でつくってもらったので図面はつくりませんでした。図面がなくてもリノベーションはできるんですよね」(石井さん、以下同)

リビングの壁に取り付けられた食器棚の背板は古い雨戸を利用。シンプルなつくりながらも風合いがすてき。美しい食器や手道具を並べればちょっとしたアート展示のよう(写真:片山貴博)
キッチンは近代建築に大きな影響を与えたル・コルビジェのサヴォア邸にインスピレーションを受けてデザイン。キッチンカウンターはDIYの溶接をサポートする「フェニーズ」と、木工を教えてくれる「相談家具屋」との協同で仕上げたオリジナル(写真:片山貴博)
台湾旅行で目にした折れ戸が気になり、「相談家具屋」に協力を要請。もともと障子で仕切られていた和室には、光を採り入れられるように壁とガラス戸をつけた。「相談家具屋」のサポートがあったからこそ、このDIYを実現することができたと石井さん(写真:片山貴博)
次ページ細かいことだけれど
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。