大工さんの手を借りる「半リノベ」の可能性

インテリアスタイリストがやってみた!

DIYのプロじゃないけれど、自分の住む部屋づくりに携わりたい!(写真:片山貴博)

住人が自らの手で部屋をカスタマイズするセルフリノベーション。コストをあまりかけず、自由に住まい空間をつくる楽しさから注目を集めています。しかし、DIYビギナーにとってはまだまだハードルが高く、クオリティが今一つになってしまうことも。

そこでオススメなのが、プロの大工さんの手を少しだけ借りる“半”セルフリノベーションです。今回は、実際に職人さんと協同でマンションリノベを試みた人気インテリアスタイリストの石井佳苗さんに、その魅力を教えてもらいました。

プロと一緒にワンランク上のセルフリノベを目指す

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

インテリアや暮らしまわりのスタイリストとして活躍、さらにはWEBマガジン『Love customizer』も主宰する石井さん。2013年に出版した著書『簡単! インテリアDIYのアイデア Love customizer』では、女性でもできるおしゃれで可愛いインテリアDIYのコツを紹介し、反響を呼びました。
中古の一戸建てをDIYでリノベした経験ももつ石井さんが今回チャレンジしたのは、逗子にあるヴィンテージマンションのリノベ。大工や家具職人といったプロたちと一緒に、3カ月にわたるセルフリノベーションにトライし、リビングからキッチン、寝室、水まわりまでフルで完成させました。その様子が詳しくつづられた書籍『Love Customizer2 DIY×セルフリノベーションでつくる家』も、昨年12月6日に発売され、DIY愛好家からも注目されています。

「56m2の一戸建てが手狭になり、新居を探していたときにたまたま出合ったのがこの物件でした。私はライフスタイルのひとつとしてDIYを本やWEBマガジンを中心に紹介してきましたが、プロではありません。そこで今回はプロの技を学びたいという思いもあって、セルフリノベーションの要素も残しつつプロに頼ってみることにしました。

次ページ図面がなくてもリノベーションはできるんです
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT