実は放っておくと危険!「結露」の原因と対策

「窓ガラスの水滴」だけではない実態

冬場は加湿器をかける家庭も多いので、結露は発生しやすい状況です。どうすればいいのでしょうか? 結露を抑えるには、「水蒸気を発生させない暮らし方の工夫」「家表面の温度を下げない」の2つがポイントとなるそうです。

結露を抑える2つの方法

余分な水蒸気を発生させない

・湿度を測る……部屋の湿度は40~60%が理想的。センサー付きの加湿器を使ったり、湿度計で室内の湿度をチェックしましょう。

・開放型のストーブを避ける……灯油が減ったのと同じ量の水蒸気が出るといわれています。オイルヒーターやエアコンに切り替えるだけで、水蒸気の発生を抑えられます。

・洗濯物の室内干しを避ける……水分を発生させる元になるので要注意。

・こまめな換気……炊飯器を使う際に換気扇を運転すると、水蒸気を含んだ空気を逃がせます。

・空気の通りをよくする……家具は壁から離して置きます。布団は押入れの戸を閉め切らず、スノコを敷いたり、押入れの壁から離して収納したりすると、空気が循環します。

・除湿する……除湿剤はあまり効果はありませんが、除湿器は一定の効果が期待できます。

家表面の温度を下げない

室温はエアコンなどの暖房機器を使うことでキープできますが、単板ガラスのアルミサッシや断熱が不十分な外壁があると、その部分の温度が上がらす結露します。したがって、断熱材を入れたり、内窓をつくるなどの根本的な対策も効果的です。

断熱性が上がると、暖房を消しても室温が下がりにくくなるメリットもあります。

断熱の方法は外断熱と内断熱の2種類があります。ただし、内断熱は内部結露しやすいので、施行方法に注意が必要です。 基本的にマンションは断熱材を入れていますが、一戸建てで省エネ基準を十分に満たした住宅の普及率は5%程度。

断熱対策をしていない一戸建てでも数日間で断熱リフォームをできるので、毎年結露で悩んでいる家庭は考えてみてはいかがでしょうか。  

日本はまだまだ断熱後進国。これからは光熱費の面からも、断熱しているかどうかが家選びの条件になるかもしれません。

(文:石上優/取材協力:旭化成建材株式会社

マイカジスタイルの関連記事
自宅で洗濯が難しくなるの?取扱い表示変更後の洗濯機事情
花粉症歴20年のライターが実践!家に花粉を持ち込まないための新習慣とは?
手荒れの気になる人でも安心の食器洗いのコツって?

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国で「電動スケーター」が沸騰

「電動キックスケーター」のシェアサービスが、渋滞解消への期待を集めている。 乗り捨て自由、GPS搭載だからアプリで場所がわかる。ウーバーがベンチャーに出資、投資熱も高い。