「第2の家」を持つ人たちの自由で楽しい発想

相続した土地にツリーハウスも!

広大な田畑を見下ろすようにつくられたツリーハウス

かなうものならば、自然環境が豊かな場所で仕事をしたい。シェアハウスに住んで、プライベートも充実した毎日を送りたい。アウトドアにも興味があって、休みの日には仲間とキャンプができたら最高! というぜいたくな望みを一挙にかなえてくれるスポットが福岡・宗像に登場した。

きっかけは相続問題。利活用することで思いをつなぐ

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

思うに、ここはシェアの究極系じゃないだろうか。まずはそのスケール感を写真で実感してほしい。

・ツリーハウス

【画像1】約7200坪の広大な田畑を見下ろすようにつくられたツリーハウス。ここで朝日をふんだんに浴びながら瞑想(めいそう)やヨガにふければ身も心も整えることができそう(写真撮影/フルカワカイ)
【画像2】畑には木製ブランコやBBQスペースも設置(写真撮影/谷口竜平)
次ページ倉庫をリノベーションしてつくったシェアオフィス
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT