すごすぎる!「入居者のための食堂」の実際

朝食100円、昼食・夕食が500円

「食事は人と人のコミュニケーションを取り持つものでもあります。大家さんのなかには、トーコーキッチンで人とつながることを楽しみになって、それまではお会いしても物件の話ばかりだったのに、『入居者に自分で育てた野菜を配ったら喜んでもらえたよ!』なんて行動が変わった方もいらっしゃいます」

こうした「人と人がつながる場」「一人暮らしでも、子どもだけでも、安心して毎日を過ごせる場」をつくろうと考えたのは、池田さんの海外生活経験が背景にあります。

池田さんは、日本の大学を休学して、ニュージーランドのワーキングホリデーで英語をマスター。アメリカの大学に編入した後、日本でグラフィックデザイナーとして就職。さらに、ニュージーランドで広告会社を運営して8年間滞在したという、異邦人としての長い生活体験があります。

「アメリカでは知らない人同士でも軽口を交わすことがありますし、ニュージーランドでは、街を歩いていて人と目が合うと、知らない人同士でもニコっと挨拶する習慣があります。そんなとき、『部外者でも認められている、ここに居ていいんだ』と安堵や喜びを感じるわけです。また、私は一人旅が好きで、宿の近くに行きつけの店をつくって通っているうちに、そこに居る人たちとなじみになる、自分の居場所ができる……そんなことが楽しくて、1カ所に長く滞在したものです。1人でも居心地よく過ごせる場所があるということは、誰にとっても安心で素晴らしいこと。人によって他者との距離感の違いはあるでしょうが、その人なりに愛着を感じてもらえる場をつくれればと思いました」

【画像5】「今日は何の集まりなの?」と会話に加わる池田さん。3人はテストお疲れ様会で朝から集まっていた学生さん。「食のこと、海外生活のこと、仕事のことなど、池田さんは幅広くいろんな話が飛び出てくるから楽しいですね」(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

『キッチンがあるから淵野辺暮らしが楽しい!』

【画像6】店長の松本さん(右)と調理スタッフの茜さん。「常連さんが多く、下宿のまかないをつくっている感覚で、アットホームな雰囲気ですね」と松本さん(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

ところで気になるのは100円、500円という価格。それで元が取れるのでしょうか。

「100円の朝食はさすがに赤字です(笑)。全体でも収支はトントンです。この食堂はあくまでも入居者サービスのために設立したので、利益を上げることは考えていません。逆に、売り上げが増えたらその分を食材に還元させます。利用者が増えれば、食事の質がますます向上するというわけです。食事をする人が楽しめて、安心できる場所だと思ってもらうことが大切なんです」

次ページどのような食材を使っているのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT