プロが伝授!車の中を掃除する5つのコツ

乾きにくいフロアマットを最初に洗おう

いつの間にか汚れがたまってしまう車内を、掃除するときのコツとは?(写真:はりぼー / PIXTA)

給油のついでにボディの洗車はするものの、車内は定期点検の時に掃除をしてもらう程度。子どもと公園で拾ったドングリや草花を持ち込んだり、キャンプや登山に出掛けたり、と、車内にはいつの間にか汚れが溜まっています。すがすがしい年始を迎えるべく、車内をしっかり大掃除しようと思います。車内の掃除のコツを、自動車販売や整備を行う「ミュンヘン」の宇都宮誠さんに伺いました。

特別な機械やプロ仕様の洗剤がなくてもOK

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

「プロに頼まずとも、普段の家の掃除を行うような延長で、車内も掃除できちゃいます」と宇都宮さん。カー用品店に行くと、さまざまな種類の洗剤類があり、どれを使おうかと迷ってしまいます。しかし、特別な機械やプロ仕様の洗剤類を使わなくても、いかに汚れに気付いてそれをしっかり落とすかを考えれば、とってもキレイになるそうです。

「車内の掃除は、フロアマットを洗うのなら乾くまで時間がかかるので、天気のいい午前に行うのがベスト。掃除のポイントは、外装にも言えることですが、白いところは白く、黒いところは黒く、が基本です。室内が引き締まってかっこよく見えますよ」。

次ページ乾きにくいフロアマットから
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。