ここまでやれる!リノベ―ション最新事情

リノベ・オブ・ザ・イヤー 2016に見る

総合グランプリ
アーケードハウス
 / 株式会社タムタムデザイン

上:アーケードに面した大きな窓からの灯りが道行く人をほっとさせます。下:インナーバルコニーから屋内に光を呼んでいます(画像提供/株式会社タムタムデザイン)

愛着のある商店街の風景を

福岡県行橋市にあるアーケード商店街の空き店舗となっている2階部分を住居としてリノベした物件。この商店街で生まれ育ったお施主さんにとって、愛着のある商店街の風景をリビングに取り入れた住まいとなりました。十分な採光が望めない状況に対し、インナーバルコニーを設けることで家中に自然光が入るように設計。

空き店舗をカフェや雑貨店、アトリエなどに活用する例は浸透していますが、住居としての活用に着目した点が「発想の転換」「ここに住んじゃうのはインパクト大」だと高い評価を受け、満場一致でグランプリとなりました。(エリア:福岡県、築年数:37年、施工面積:114.21㎡、費用:1800万円、対象物件:元店舗)

次ページ洗練された賃貸の最先端
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。