冬に窓を開けるゴキブリ対策、効果はあるか

冬場のゴキブリが密かに繁殖する場所とは

ゴキブリは室内にいれば冬でも活動できるそうです(写真: Ushico / PIXTA)

ゴキブリは暑い時期だけ活動するものというイメージがあります。ところが、冬なのに茶色い虫を見かけました。これって、もしかしてゴキブリ!?どうやらその通りで、ゴキブリは室内にいれば冬でも活動できるそうです。そこで、専門駆除業者アルバトロスの佐藤久さんに、冬場のゴキブリ対策について話を聞いてみました。

冬場のゴキブリは、こんなところにいる

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

主に家庭で見かけるゴキブリは、チャバネゴキブリクロゴキブリの2種類と言われています。

チャバネゴキブリは茶色くて小さく、クロゴキブリは黒くて大きいのが特徴です。 それぞれ好む場所は違い、次のようなところにコロニー(巣)をつくっています。

チャバネゴキブリ:一般の住宅は、冷蔵庫のモーターパッキン部分電話機インターホンの中電化製品ドアや棚の蝶番棚の中コンセントボックス内部など。

飲食店の場合は、厨房機器のモーター部分天板部分配電盤カウンターの中の空間古い紙の裏側など。

クロゴキブリ:冷蔵庫のモーター部分天井裏段ボールの隙間など。

電話機や蝶番にも繁殖するなんて、おそろしくて家の中をチェックできません……。

「冬場に窓を開けると夏に出なくなる」という噂は本当?

ところで、最近「冬に窓を開けておくと、ゴキブリは寒さで死滅する」という説がネットで話題になっています。これは効果があるのでしょうか?

「1カ月ぐらいの間、気温5℃以下に保てば卵鞘(卵)は孵化しませんが、そもそもゴキブリが潜む冷蔵庫の裏側や配電盤などは常に暖かい状態です。

今の家屋は断熱材が充実しているので天井裏も暖かく、下水からの侵入もあります。3時間窓を開けたくらいでは変化はないと思います」とのことでした。

次ページ冬場はどのような対策をすればいい?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。