服を傷ませないための「新洗濯表示」の見方

「上限表示」理解してダメージを避けよう

衣服の「取扱い表示」が変わります(写真:Graphs / PIXTA)

2016年12月に変わった衣類の「取扱い表示」。実際には、どのような変化があるのでしょうか? ファッションブランドを展開している株式会社ワールドの阿部あゆ子さんに聞きながらまとめました。

新しい取扱い表示は何が変わるの?

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

衣服の「取扱い表示」が変わるということは、私たちが普段、洗濯の参考にしている服のタグが変わるということ。何が変わるのでしょうか?

いちばん大きく変わるのは、記号の種類です。

洗濯、漂白、乾燥、アイロン、クリーニングの5つの基本記号と、その強さと温度を示す不可記号で構成されます。強さに関しては上限表示になるため、洗濯には注意が必要です。

「今まではあまり洗濯表示を確認せずに、洗濯している方もいたのではと思いますが、これを機にどんな素材を使っているか、取り扱う上でどんな注意点があるのかなどを知っていただき、より洗濯表示に従ってお手入れをしていただくことをおすすめします」。

上限表示とは何を意味しているのでしょうか?

実は、今まで『取扱い表示』はこの洗い方をおすすめするという意味の表示になっていました。

12月からの『取扱い表示』は上限表示になっています。

何の上限かというと、これよりも強い処理を行なうと、衣服や繊維がダメージをうける可能性があることを示しているのです。そのため、表示と同じか、それよりも弱い水流や低い温度などで洗濯をする必要があります。

マーク以上の強さで洗濯すると、衣服にダメージが出るということは大きな変化。衣服のキレイをキープするには、新しい取扱い表示をしっかり覚えておきたいですね。

次ページタグは長くなるの?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT