テレビつけっぱなしをやめたら有意義だった

見るときには熱中、家族間の会話も増えた

当たり前をやめてみると見えてくるものがあります(写真:xiangtao / PIXTA)
「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

年末といえば大掃除シーズン。部屋だけじゃなく心の中もすっきりして年を越したいものですよね。そんな時にぴったりなのが、11万部突破の大人気コミックエッセイ『やめてみた。』です! 著者のわたなべぽんさんが、これまで当たり前のように使ってきた道具や、こうしなきゃ……と思い込んできた思考の癖などを、1つ1つ棚卸ししてやめてみた体験を描いています。

生粋のテレビっ子が…!?

次ページごはんを食べるときでさえ…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。