テレビつけっぱなしをやめたら有意義だった

見るときには熱中、家族間の会話も増えた

当たり前をやめてみると見えてくるものがあります(写真:xiangtao / PIXTA)
「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

年末といえば大掃除シーズン。部屋だけじゃなく心の中もすっきりして年を越したいものですよね。そんな時にぴったりなのが、11万部突破の大人気コミックエッセイ『やめてみた。』です! 著者のわたなべぽんさんが、これまで当たり前のように使ってきた道具や、こうしなきゃ……と思い込んできた思考の癖などを、1つ1つ棚卸ししてやめてみた体験を描いています。

生粋のテレビっ子が…!?

次ページごはんを食べるときでさえ…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。