憧れの都心暮らしを叶えた人が「捨てたもの」

常識を手放すとうまくいく

クイーンサイズベッド下の引き出しは、かみてさんの趣味である着物が収まるサイズを指定。着物は「たとう紙」で包まず、着物と着物の間に「たとう紙」をはさんで入れると、出し入れがスムーズだとか

それでも収まりきらなかったのが、大きなスーツケースや食器、趣味だった手芸に使う毛糸や布地、卒業アルバムや写真など。普段使ってはいないものの、まだ手放す決断がつかないものは、無理に手放さず、トランクルームを借りて収めることにしました。

「大好きなもの」のために手放す

狭い家で暮らすというと、「少ないもので暮らさなくてはいけない」「ものを捨てなくてはいけない」と思い込みがち。けれども、片付けのプロであるかみてさんは「自分が大好きなものまで、無理に手放さなくていい」と話します。

左)鏡裏には、かみてさんのバッグコレクションをまとめて収納。最上段から、ブランドもののバッグ、ビーズ付きのパーティー用バッグやポーチ、小さめバッグ、下3段は使用頻度の高いものから順にA4サイズが収まる大きめバッグを 右)寝室の手前、ダイニング・スペースの一角にある備え付けの収納。細かく仕切られ、高密度でものが収められているものの、スムーズに中身の説明ができるかみてさん。さすが片付けのプロ!

例えばこちらは、かみてさんが愛してやまないバッグの数々。

少しずつ集めていたら、100個以上のコレクションになりました。部屋が狭くなったからといって、見ているだけでウキウキする、持っているだけでうれしくなるものまで手放す必要はないと考え、引越しの際もバッグは処分の対象から外したそうです。

次ページなんとなく持っているものは積極的に手放して
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT