新鮮!「食」を追求するとオフィスはこうなる

「みんなでランチ」は仕事上、重要だ

【画像2】なにこれすてき。うちの会社も真似しよう(撮影/片山貴博)

中は1階がカフェと来客用のサロンスペース。2階以上がスタッフが働く執務エリアだ。執務エリアへ至る階段の壁にはスタッフ一人ひとりのカラー写真が掛けられていて、ひっくり返すとモノクロになっている。出社時はカラーを表に、外出・退社時はモノクロを表にして、出退勤を可視化しているんだとか。かしこい! おしゃれ!

2階は執務スペース兼食堂。クレイジーは社員の健康を何より大事に考えていて、毎日メンバー全員で一緒に昼ごはんをきちんと食べるそうだ。専属の調理スタッフがつくる、栄養バランスに配慮した自然食。野菜は信頼できる農家のもののみを使うという。「きちんと」のレベルがスーパーモデル級である。

【画像3】奥の壁の向こうがぜんぶ厨房というから驚き。お昼になるとベルを鳴らし、全スタッフが食堂に集結し準備するらしい。食に対する意識の高さに恐れ入る(撮影/片山貴博)

ちなみに今日のランチはハヤシライスとサラダ。案内してくれた広報の方は「今度ぜひ食べにいらしてください」と言ってくれたが、今度といわず今日でもこっちは構いませんですよ。

さらにすごいのが3階の執務エリア。なんか樹が生えてる。

柱に流木を巻き付けたシンボルツリーの周りにフリーアドレスのデスクがゆったりとレイアウトされている。

【画像4】オフィスのど真ん中に大木ドーン。『情熱大陸(※)』で見たやつだ(※さまざまな業界で活躍する人に密着取材する毎日放送のドキュメンタリー番組。CRAZY WEDDING創設者の山川咲さんが出演)(撮影/片山貴博)

ソファ席もあってオフィスというよりリア充系シェアハウスのおしゃれリビングである。このシンボルツリーには「いろいろな人たちと絡み合ってうねりを起こしながら世界へ羽ばたいていく、という思いが込められています」(広報)とのこと。

ちなみに、このフロアは土足禁止。オフィスを大切にきれいに使おうという意識が共有されている。当たり前だけどデスクにガンダムとか置いている人は一人もいなかった。

次ページ「お忍びダイニング」のような集中部屋
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング