「5分で戻るから鍵をかけない」に潜むリスク

「たぶん大丈夫」と思う主婦が意外に多い

少しの間だけだから…と油断してはいけません(写真 :EKAKI / PIXTA)

LIXILが実施した「防犯意識と実態調査」の結果によると、「外出時に鍵をかけないことがある」という主婦は、47.7%と半数近くもいるのだという。東京・大阪・愛知の20代~60代の主婦1500人の調査というが、犯罪の多い大都市で半数というから驚きだ。詳しく見ていこう。

【今週の住活トピック】「防犯意識と実態調査」調査結果を発表/LIXIL

5分以上の外出でも鍵をかけないという現実

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

筆者は、東京で生まれ育ち実家から通学通勤をしていたが、初めて一人暮らしをしたとき、日中在宅時は鍵をかけておらず、遊びに来た友人に「危険だ」と注意されたことがある。

狭いアパートなら在宅していることがすぐ分かるが、女性の一人暮らしでは、たとえ在宅時でも無施錠は危険なのだと防犯意識を変えた。それ以降はずっと、在宅時やマンションのエントランスまで新聞を取りに行く間でも、施錠している。

ところがである、東京都・大阪府・愛知県に住む主婦の47.7%が「外出時に鍵をかけないことがある」というのだ。このうち15.7%は「5分以内の外出」ならという条件付きだが、31.9%は「5分以上の外出」であっても鍵をかけないことがあるというのだ(画像1)。

【画像1】外出時の施錠状況(出典/LIXIL「防犯意識と実態調査」調査結果)
次ページ無施錠で出かける時間はどれぐらいか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。