「5分で戻るから鍵をかけない」に潜むリスク

「たぶん大丈夫」と思う主婦が意外に多い

少しの間だけだから…と油断してはいけません(写真 :EKAKI / PIXTA)

LIXILが実施した「防犯意識と実態調査」の結果によると、「外出時に鍵をかけないことがある」という主婦は、47.7%と半数近くもいるのだという。東京・大阪・愛知の20代~60代の主婦1500人の調査というが、犯罪の多い大都市で半数というから驚きだ。詳しく見ていこう。

【今週の住活トピック】「防犯意識と実態調査」調査結果を発表/LIXIL

5分以上の外出でも鍵をかけないという現実

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

筆者は、東京で生まれ育ち実家から通学通勤をしていたが、初めて一人暮らしをしたとき、日中在宅時は鍵をかけておらず、遊びに来た友人に「危険だ」と注意されたことがある。

狭いアパートなら在宅していることがすぐ分かるが、女性の一人暮らしでは、たとえ在宅時でも無施錠は危険なのだと防犯意識を変えた。それ以降はずっと、在宅時やマンションのエントランスまで新聞を取りに行く間でも、施錠している。

ところがである、東京都・大阪府・愛知県に住む主婦の47.7%が「外出時に鍵をかけないことがある」というのだ。このうち15.7%は「5分以内の外出」ならという条件付きだが、31.9%は「5分以上の外出」であっても鍵をかけないことがあるというのだ(画像1)。

【画像1】外出時の施錠状況(出典/LIXIL「防犯意識と実態調査」調査結果)
次ページ無施錠で出かける時間はどれぐらいか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT