「5分で戻るから鍵をかけない」に潜むリスク

「たぶん大丈夫」と思う主婦が意外に多い

少しの間だけだから…と油断してはいけません(写真 :EKAKI / PIXTA)

LIXILが実施した「防犯意識と実態調査」の結果によると、「外出時に鍵をかけないことがある」という主婦は、47.7%と半数近くもいるのだという。東京・大阪・愛知の20代~60代の主婦1500人の調査というが、犯罪の多い大都市で半数というから驚きだ。詳しく見ていこう。

【今週の住活トピック】「防犯意識と実態調査」調査結果を発表/LIXIL

5分以上の外出でも鍵をかけないという現実

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

筆者は、東京で生まれ育ち実家から通学通勤をしていたが、初めて一人暮らしをしたとき、日中在宅時は鍵をかけておらず、遊びに来た友人に「危険だ」と注意されたことがある。

狭いアパートなら在宅していることがすぐ分かるが、女性の一人暮らしでは、たとえ在宅時でも無施錠は危険なのだと防犯意識を変えた。それ以降はずっと、在宅時やマンションのエントランスまで新聞を取りに行く間でも、施錠している。

ところがである、東京都・大阪府・愛知県に住む主婦の47.7%が「外出時に鍵をかけないことがある」というのだ。このうち15.7%は「5分以内の外出」ならという条件付きだが、31.9%は「5分以上の外出」であっても鍵をかけないことがあるというのだ(画像1)。

【画像1】外出時の施錠状況(出典/LIXIL「防犯意識と実態調査」調査結果)
次ページ無施錠で出かける時間はどれぐらいか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。