記事広告アーカイブ

旧来の枠を超えて革新の現場をつくる

立命館大学

「一人ひとりの人生の充実と
企業発展の両立を追求しています」

村上 聡子 さん
(2000年国際関係学部卒業)
A.P.モラー・マースクAS 人事部部長

村上聡子さんが勤務するA・P・モラー・マースクASは、世界最大のコンテナ船はじめトップクラスの船舶を多数保有、運航する世界最大級の海運企業である。デンマークに本社を置き、日本にも複数の拠点を有する。

同社での村上さんの職歴は、変化に富んでいる。立命館大学国際関係学部を卒業後、財務会計部門に配属された。次にカスタマーサービス部門を経験。3年目にはインド・ムンバイ駐在となった。「当地に進出している日本企業への営業や、マーケティングなどを担当しました」。

2年間の駐在を終えて帰国し、営業担当の副社長のパーソナルアシスタントとなった。折しも、世界第4位の海運会社の買収が実行され、人材関連の業務にも携わることになる。「組織や人材に関係する仕事、これをライフワークにしたいと思いました」と目標を定め、マーケティング部の新設をリードした後、人事部に異動した。「希望した異動が叶い、社員のキャリアを大切にしている会社だと、あらためて驚きました」と、村上さんは語るが、当人の意欲と向上心なしには実現できないキャリアアップだろう。

多様な学生からの刺激で国際ビジネスの道に

グローバル・ビジネスで活躍する原点は学生時代にあると、村上さんは言う。国際関係学部には、多様な背景を有する学生たちが在籍しており、国際色豊か。バイリンガルの学生も目立ち、高校時代とは異なる環境に衝撃を受けた。1回生の夏に米国でホームステイを体験し、春休みには第二外国語の先生に勧められて欧州各国をバックパッカーとして友人と歩き回った。そして魅せられたのがフランスだ。数少ない交換留学の枠を得るため、猛勉強を重ね、トゥールで1年間過ごした。

「留学先で学んだことはとても大きい」と、村上さんは振り返る。プロジェクトで学生同士が意見を交わし、協働するなかで、自
分の視野がグンと広がったという。そして、卒業後もグローバルに活躍できる場を求める意思が固まった。「大学では、のんび
りしているわけにはいかないと、強い刺激を受けました。だからこそ、フランス留学を実現できましたし、世界を仕事のステージにするやりがいを追いたくなったのだと思います」。そのことが、今の活躍につながる。

国内外の企業や担当者と人事の仕事を通じたネットワークが広がる中で、人材のとらえ方の違いを痛感しているという。「日本企業では年齢や学歴、性別、そして既婚か否かなど属性によって人材の質を判断する傾向がまだまだ強いようです。一方、外資系企業は、その人材が求められるフィールドでいかに能力を発揮できるか、その一点で評価する傾向がより強いと思います。良否の判断は一朝一夕にはできかねますが、彼我の違いを理解しつつ、一人ひとりの人生の充実と企業の発展の両立を追求することが、目下の最大の課題ですね」。グローバル人材の活用の新たな高みを目指し、チャレンジが続く。

TOPICS
今秋、「立命館西園寺塾」が、開塾。
「立命館」の創始者、西園寺公望の名を冠した「立命館西園寺塾」が開設される。
多彩な講師陣を迎え、新たな時代を創造するグローバルリーダー育成を目指す。
詳細は下記HPに随時更新中。
http://www.ritsumei.ac.jp/saionji-juku/
問い合わせ
TEL 075-465-8351
(立命館大学入学センター)
http://www.ritsumei.ac.jp/
お問い合わせ
立命館大学 入学センター
〒603-8577
京都府京都市北区等持院北町56-1
 075-465-8351
 r-adm@st.ritsumei.ac.jp
立命館大学入試情報サイト
立命館大学入試情報サイト
ウェブサイトはこちら
立命館大学ホームページ
立命館大学ホームページ
ウェブサイトはこちら
vol.3 たゆまぬチャレンジで最前線を切り開く
● ファーストリテイリング 人事部部長 田辺 信裕
● 宇宙航空研究開発機構 開発員 岡本 千晴
vol.4 学生時代からの思いに真っすぐ、夢をカタチに
● ミズノ グローバルゴルフプロダクト部 深澤 茜
SCS Global シニアマネージャー・公認会計士 南里 健太郎
vol.5 グローバル競争と協調の現場から
宇宙飛行士・立命館大学スポーツ健康科学部客員教授
山崎 直子
本田技術研究所 四輪R&Dセンター研究員 古川 隆一
vol.6 次世代へのメッセージ 異文化理解がグローバル化の原点
● 華道家元池坊 次期家元 池坊 由紀
● 三菱商事 自動車事業本部 課長 小竹 洋介
vol.7 次世代へのメッセージ 新たな気づきが世界を広げる
映画監督・立命館大学産業社会学部客員教授 是枝 裕和
● あずさ監査法人 公認会計士 上村 紘之