洗濯ネットの使い方、今さら聞けない超基本

デリケートな衣類もしっかり洗いたい!

正しく洗濯ネットを使えていますか?(写真:きらら/PIXTA)

おしゃれ着や下着を洗濯ネットに入れて洗うと、汚れが落ちきれていないときがあります。洗濯ネットで衣類をケアしながら、しっかり汚れを落とす良い方法はないのでしょうか? そこで、花王・生活者コミュニケーションセンターの弦巻和さんに、正しい洗濯ネットの使い方について聞きました。

Q.お気に入りのシャツだから洗濯ネットに入れるのに、シワシワになっちゃう。なぜ?

「本来、洗濯ネットは、洗濯による衣類のシワを予防する効果があるはずなのに、シワになってしまうのは、ほかの衣類とこすれたり、からんだりするのが原因。洗濯ネットは、洗濯時の摩擦から衣服の生地を守るとともに、洗濯物同士のからまりによる摩擦も防止します。洗濯ネットに入れてもシワシワになるのは、洗濯している間にネットの中で衣類が動いてしまうから。衣類の大きさに適したネットを使い、ネットのサイズに合うように衣類たたんで入れることが大切です」。

洗濯ネット使用の基本

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

ポイント1:何でもかんでも洗濯ネットに入れるのはNG。本来は〈手洗いをすべきもの〉〈大切にしたいもの〉〈取扱い表示に「洗濯ネット使用」と書いてあるもの〉に限定します。

ポイント2:洗濯ネット1枚に衣類1枚が基本。何枚も一緒に入れると、洗濯ネットの中が「小さな洗濯機」になり、衣類がからみ合うことに。これでは洗濯ネットの意味がありません。

次ページ汚れが落ちないのはどうして?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。