洗濯ネットの使い方、今さら聞けない超基本

デリケートな衣類もしっかり洗いたい!

正しく洗濯ネットを使えていますか?(写真:きらら/PIXTA)

おしゃれ着や下着を洗濯ネットに入れて洗うと、汚れが落ちきれていないときがあります。洗濯ネットで衣類をケアしながら、しっかり汚れを落とす良い方法はないのでしょうか? そこで、花王・生活者コミュニケーションセンターの弦巻和さんに、正しい洗濯ネットの使い方について聞きました。

Q.お気に入りのシャツだから洗濯ネットに入れるのに、シワシワになっちゃう。なぜ?

「本来、洗濯ネットは、洗濯による衣類のシワを予防する効果があるはずなのに、シワになってしまうのは、ほかの衣類とこすれたり、からんだりするのが原因。洗濯ネットは、洗濯時の摩擦から衣服の生地を守るとともに、洗濯物同士のからまりによる摩擦も防止します。洗濯ネットに入れてもシワシワになるのは、洗濯している間にネットの中で衣類が動いてしまうから。衣類の大きさに適したネットを使い、ネットのサイズに合うように衣類たたんで入れることが大切です」。

洗濯ネット使用の基本

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

ポイント1:何でもかんでも洗濯ネットに入れるのはNG。本来は〈手洗いをすべきもの〉〈大切にしたいもの〉〈取扱い表示に「洗濯ネット使用」と書いてあるもの〉に限定します。

ポイント2:洗濯ネット1枚に衣類1枚が基本。何枚も一緒に入れると、洗濯ネットの中が「小さな洗濯機」になり、衣類がからみ合うことに。これでは洗濯ネットの意味がありません。

次ページ汚れが落ちないのはどうして?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。