カーディガンの多彩な活用法を知ってますか

1着あれば、いろんなシーンで大活躍

一着のベーシックなカーディガンで、何通りもの着こなしを楽しむ方法(写真:tomos/PIXTA)

春から秋にかけて、外出時に手放せないアイテム、カーディガン。肌寒い日や冷房のきいた電車、スーパーマーケットなどで、何かと重宝しています。でも、いつも同じようなカーディガンを持ち歩いているので、いまひとつ代わり映えしないなぁと思っています。そこで、パーソナルスタイリストの渋谷有紀さんに、カーディガンの着こなしテクについて聞きました。

1着持っていれば毎日使えるカーディガンとは?

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

「春夏は綿のカーディガン、秋冬はウール100%のカーディガンがあると便利です」と渋谷さん。

天然繊維にこだわるのは、毛玉ができても、化繊より毛玉取りで簡単にとれ、お手入れしやすいこと、保温力があるからだそう。

「形はクルーネックで、色は黒かグレー、丈は腰丈のいわゆるベーシックなものがオススメです。ボタンは定番のプラスチックのほかに、パール、ビジュー、シェルなどいろいろありますが、その人のテイストに合わせて選べばいいと思います」。

やっぱり、まずはベーシックなものを持っておいたほうがいいんですね。

同じカーディガンだと気づかせないテクが、「留める」「開ける」「かける」。

このバリエーションを使い分けるだけで、1着で何通りものスタイルを楽しむことができるのだそう。

「留める」…上から下までボタンを留めて着ること。上から下まで留めることで、カッチリとした印象になります。また上のボタンを1個、下のボタンを1個開けて、インナーをちらりと見せるとこなれ感が出ておしゃれな雰囲気に。

「開ける」…ボタンを開けて着ること。下に着るものでいろいろ遊べるので、バリエーションは幅広いです。

「かける」…羽織りものとして使うこと。肩にかけるのはもちろん、ストールのように首に巻いてもステキ。

次ページ羽織り、肩掛けのテク
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。