自撮り女子が見るインカメ越しのネット世界

わかり合えない「新しい世代」の私

自撮りは「アバター遊び」だ(写真:YsPhoto / PIXTA)
「自撮りの人」として、SNSなどで人気を博している、りょかち。彼女が綴った、自撮りへの思い、そしてネットに対するスタンスとは?

 

東京に来て、7カ月。働き始めて、7カ月。

ただでさえ環境が大きく変わる期間に、沢山の稀有な体験をした。

WEBの記事に沢山掲載された。ネットラジオに出演した。Twitterのフォロワーが1000人単位で増えた。時々見知らぬ人から、「自撮りの人!」「いつもTwitter見ています!」と言われるようになった。

自撮りをはじめたのは去年11月。たまたまうまく撮れた自撮りをTwitterにアップしたら反応がよかったので、定期的にあげるようになり、いつのまにかWEBの記事などに載せてもらえるようになっていた。

自撮りの自分は「アバター」だ

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

私にとって自撮りは、「アバター遊び」だといつも言っている。

ゲームなどで最初に設定する、自分を表すキャラクターである「アバター」。自分に似ているけれど、自分じゃない。自分の理想を着せているけれど、自分じゃない。仮想の世界を自分として生きてくれているけれど自分じゃない。

自撮りで撮れた自分はまさに私にとって、そんな「自分みたいで自分じゃない」存在なのだ。

次ページ分かり合えない「新しい世代」の私
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。