家が片づく!「15分で27個捨てる」練習

捨てる判断がどんどん加速する

捨てる技術とは?(写真 :bee / PIXTA)

要らない物なのにもったいなくて捨てられない、物がなかなか減らなくてスッキリしない…断捨離中のそんな悩みってありますよね。どうすれば物への執着を断ち切って、納得の捨て方ができるのでしょうか。そこで、30年の試行錯誤を経てミニマリストとなったブロガー・筆子さんが自身の著書『1週間で8割捨てる技術』で明かしている「こうすれば捨てられるようになる」という方法を紹介します。

「物があれば生活がもっと良くなる」のは単なる幻想

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

「30年もの間、物を捨てたり増やしたりの繰り返しでした」という筆子さん。50代のミニマリストで、ご自身のブログ「筆子ジャーナル」に日々の断捨離や節約生活を綴っている人気ブロガーでもあります。物を捨てる過程でうまくいったこと、失敗したことなどの体験が参考になると、多くの人から反響を得ているそうです。

20代後半だったある日、部屋いっぱいにあふれる物の多さを自覚し、「物をたくさん持っていても、人は幸せになれない」ことに気づきました。持たない暮らしを目指したものの、物を捨てられず、いざ減らすことができても、その後、いつの間にかさらに物が増えて…という繰り返しでした。

次ページ捨ててみてわかったこととは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT