グラフ1個で2つのメッセージを伝える方法

これができれば、あなたも上級者だ

どうすれば一瞬で2つのメッセージが伝わるようなグラフになるでしょうか(写真 :よっしー / PIXTA)

「1グラフに1メッセージ」が基本だが…

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

「グラフにはメッセージを込めなさい」

私がこの連載で一貫してお伝えしているエッセンスです。そしてできれば、1つのグラフに1つのメッセージだけ込めることが理想です。伝えるためのグラフは、何が言いたいのかが一瞬でわかることが極めて重要だからです。

しかし、そうは言っても実際はこういう局面もあるかもしれません。「伝えたいメッセージがどうしても2つある。できればそれを1つのグラフの中で表現してしまいたい」

そこで、今回はどうすれば一瞬で2つのメッセージが伝わるようなグラフになるかを考えてみましょう。

メッセージが2つあるなら、グラフも2つ作るべき

たとえばこのようなデータで考えてみましょう。
次のデータは全国展開している小売業者の年間売上高だとしましょう(全部で8店舗)。

<某小売業者の店舗別売上高>

売上高の単位:億円

このデータを使って、あなたは次の2つのメッセージを伝えたいとします。

(1)売上が大きいのは関東と関西の店舗であり、その依存度も高い

(2)依存度が低い札幌店と広島店はクローズしても影響は小さい

まず(1)のうち「売上が大きいのは関東と関西の店舗」だけがメッセージならば、次のような棒グラフで十分でしょう。

次ページ1つのグラフにまとめる方法とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT