グラフ1個で2つのメッセージを伝える方法

これができれば、あなたも上級者だ

どうすれば一瞬で2つのメッセージが伝わるようなグラフになるでしょうか(写真 :よっしー / PIXTA)

「1グラフに1メッセージ」が基本だが…

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

「グラフにはメッセージを込めなさい」

私がこの連載で一貫してお伝えしているエッセンスです。そしてできれば、1つのグラフに1つのメッセージだけ込めることが理想です。伝えるためのグラフは、何が言いたいのかが一瞬でわかることが極めて重要だからです。

しかし、そうは言っても実際はこういう局面もあるかもしれません。「伝えたいメッセージがどうしても2つある。できればそれを1つのグラフの中で表現してしまいたい」

そこで、今回はどうすれば一瞬で2つのメッセージが伝わるようなグラフになるかを考えてみましょう。

メッセージが2つあるなら、グラフも2つ作るべき

たとえばこのようなデータで考えてみましょう。
次のデータは全国展開している小売業者の年間売上高だとしましょう(全部で8店舗)。

<某小売業者の店舗別売上高>

売上高の単位:億円

このデータを使って、あなたは次の2つのメッセージを伝えたいとします。

(1)売上が大きいのは関東と関西の店舗であり、その依存度も高い

(2)依存度が低い札幌店と広島店はクローズしても影響は小さい

まず(1)のうち「売上が大きいのは関東と関西の店舗」だけがメッセージならば、次のような棒グラフで十分でしょう。

次ページ1つのグラフにまとめる方法とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT