知らないと損!洗濯の本当に適切なやり方

12月から衣類の「取扱い絵表示」が刷新

「取扱い絵表示」が変わります!(写真 :EKAKI / PIXTA)

洗濯方法や適切な洗剤を選ぶのに重要な衣類の「取扱い絵表示」。買い物のときにも、「自宅で洗濯できるかな?」と確認してから衣類を購入する人もいるほど、私たちの生活に密接なものですよね?

そんな衣類の「取扱い絵表示」が、2016年12月1日から変わります。長年使われてきた「取扱い絵表示」がどうして変わってしまうのでしょうか?花王株式会社で衣料用洗剤の開発を担当されている村田さんに、率直な質問をぶつけてみました。

どうして衣類の「取扱い表示」が変わるの?

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

村田さん:近年、衣類などの生産や流通における海外との取引が一般的になってきました。さらに、最近では家庭用洗濯機や洗剤の種類も多くなり、クリーニング店の技術も進歩するなど、繊維製品を取り巻く環境が大きく変化したことで、国内外で取扱い表示を統一することになりました。

そして、ISO(国際規格)の表示記号にあわせた新しいJIS(日本工業規格)が制定され、実施することになったのです。

次ページQ2.何が一番大きく変わるの?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。