知らないと損!洗濯の本当に適切なやり方

12月から衣類の「取扱い絵表示」が刷新

「取扱い絵表示」が変わります!(写真 :EKAKI / PIXTA)

洗濯方法や適切な洗剤を選ぶのに重要な衣類の「取扱い絵表示」。買い物のときにも、「自宅で洗濯できるかな?」と確認してから衣類を購入する人もいるほど、私たちの生活に密接なものですよね?

そんな衣類の「取扱い絵表示」が、2016年12月1日から変わります。長年使われてきた「取扱い絵表示」がどうして変わってしまうのでしょうか?花王株式会社で衣料用洗剤の開発を担当されている村田さんに、率直な質問をぶつけてみました。

どうして衣類の「取扱い表示」が変わるの?

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

村田さん:近年、衣類などの生産や流通における海外との取引が一般的になってきました。さらに、最近では家庭用洗濯機や洗剤の種類も多くなり、クリーニング店の技術も進歩するなど、繊維製品を取り巻く環境が大きく変化したことで、国内外で取扱い表示を統一することになりました。

そして、ISO(国際規格)の表示記号にあわせた新しいJIS(日本工業規格)が制定され、実施することになったのです。

次ページQ2.何が一番大きく変わるの?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。