ホテルオークラに学ぶ「快適な部屋」のコツ

自宅でも活用できるインテリア選び

中がバスケットになったスツール

洗面所のアイテムでホテルオークラ東京が利用しているのは、中がバスケットになったスツール。

ドライヤーや美容家電など出しっぱなしにしがちなアイテムを収納できるほか、ゴミ箱に利用することもできます。

2つの枕でくつろぎタイム

枕をL字型にセット

ホテルオークラ東京のベッドには、枕が2つ用意されています。

2つの枕で眠ると包まれたような贅沢な寝心地が体験でき、寝室でテレビを観るときも頭が支えられるので快適です。

厚みのある重い陸鳥の羽毛の枕を下に置き、ソバ・パンヤ・水鳥などの軽い枕を上に立てかけ、画像のようにL字型にセットすると、すっきりした印象になりますよ。

(文:岡本 のぞみ)

マイカジスタイルの関連記事
デニムを長持ちさせるための干し方、3つのポイントとは?
[ホテルオークラ東京に学ぶ!]短時間で、でもしっかりキレイになるお掃除テク
これで毎日ピカピカ&快適! フローリング掃除のポイント

 

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。