ホテルオークラに学ぶ「快適な部屋」のコツ

自宅でも活用できるインテリア選び

部屋をすっきり見せるには?(写真:vik173 / PIXTA)

ホテルの客室には部屋をすっきり見せ、快適に暮らすためのヒントがたくさんあります。

家庭でも取り入れられるワンポイント・インテリア術をホテルオークラ東京の客室課・川村さんに聞きました。

部屋を広く見せる家具選び

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

ホテルオークラ東京の客室は、スムーズな動線を確保し、ゆったりと過ごせるように考えられています。

しかし、客室の大きさには限りがあります。

そこで家具は部屋の面積や空間に対して大きすぎないのものがセレクトされているほか、鏡やガラス素材を使った家具が多く取り入れられています。

家具は大きい方が使い勝手がいい場合もありますが、コンパクトにして部屋を広く使うのもひとつの手。

鏡は部屋に奥行き感を与え、ガラス素材を使った家具は圧迫感をなくす効果があります。

コードやケーブルがごちゃごちゃしていると、部屋が片付いていてもすっきりしない印象を与えます。

そんなときに便利なのが、結束バンドとワイヤーステッカーです。

結束バンドはテレビの裏やパソコンの裏のコードをまとめるグッズ。ホテルでもかなり活用されています。

コード、ケーブルなどの収納

ワイヤーステッカーはコードを固定するときに便利。テーブルの裏や壁の段差などにコードを這わせて固定できるほか、目隠し代わりにも。

どうしても隠せないケーブルはくるくる丸めて画像のようなケーブルボックスに入れるのもひとつの方法です。

いずれもホームセンターで手に入ります。

次ページ洗面所の収納に役立つ意外なアイテム
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT