一目瞭然!ネクタイが超片付く「見せる収納」

選びやすさとしまいやすさを両立しよう

たくさんあるネクタイ…どうすればきれいに収納できるでしょうか?(写真 :art9858 / PIXTA)

ネクタイの収納で悩んでいる男性は、意外と多いのではないでしょうか。ハンガーにかけておいたら滑って床に落ちていたり、丸めてしまっておいたらシワができていたり。ネクタイはたくさん持っているのに、つい同じネクタイばかりをしてしまう人もいるでしょう。そんな悩みを解決するために、整理収納アドバイザーの臼井知子さんにネクタイをキレイに収納する方法について聞きました。

選びやすさとしまいやすさがポイント

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

ネクタイの本数が多いと、小さく丸めて収納するのが効率的なような気がしますが、実はこれは型崩れし、生地を傷めやすいのだとか。

生地のためにはお店のように平置きするのがベストという意見もありますが、その方法だとかなり場所をとります。 臼井さんによると、ネクタイの収納のポイントは大きく2つになるそうです。

・選びやすい(見渡せる)こと

・元の場所にラクにしまえること

たしかにこの2つが徹底されていれば、忙しい朝はパッと選べて、疲れて帰って来た夜もサッとしまえるので理想的ですね。

ネクタイは「しまわない収納」がベスト

臼井さんによると、オススメの方法は、「かける収納」です。

男性はとくに片付けが苦手な人が多いので、しまう方法より、しまわない方法のほうが向いているでしょう。 ネクタイは薄いので、クローゼットの扉を開けるとデッドスペースになるような、ちょっとしたスペースを利用できます。

次ページ見た目も美しく、ネクタイ選びもラクに!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。