一目瞭然!ネクタイが超片付く「見せる収納」

選びやすさとしまいやすさを両立しよう

たくさんあるネクタイ…どうすればきれいに収納できるでしょうか?(写真 :art9858 / PIXTA)

ネクタイの収納で悩んでいる男性は、意外と多いのではないでしょうか。ハンガーにかけておいたら滑って床に落ちていたり、丸めてしまっておいたらシワができていたり。ネクタイはたくさん持っているのに、つい同じネクタイばかりをしてしまう人もいるでしょう。そんな悩みを解決するために、整理収納アドバイザーの臼井知子さんにネクタイをキレイに収納する方法について聞きました。

選びやすさとしまいやすさがポイント

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

ネクタイの本数が多いと、小さく丸めて収納するのが効率的なような気がしますが、実はこれは型崩れし、生地を傷めやすいのだとか。

生地のためにはお店のように平置きするのがベストという意見もありますが、その方法だとかなり場所をとります。 臼井さんによると、ネクタイの収納のポイントは大きく2つになるそうです。

・選びやすい(見渡せる)こと

・元の場所にラクにしまえること

たしかにこの2つが徹底されていれば、忙しい朝はパッと選べて、疲れて帰って来た夜もサッとしまえるので理想的ですね。

ネクタイは「しまわない収納」がベスト

臼井さんによると、オススメの方法は、「かける収納」です。

男性はとくに片付けが苦手な人が多いので、しまう方法より、しまわない方法のほうが向いているでしょう。 ネクタイは薄いので、クローゼットの扉を開けるとデッドスペースになるような、ちょっとしたスペースを利用できます。

次ページ見た目も美しく、ネクタイ選びもラクに!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT