ねこ先生が提案、「猫」と暮らす理想の賃貸

「ペット可」でなく「ペット共生」がいい

ほとんどの賃貸物件は「ペットNG」だ(写真:Graphs / PIXTA)

日本ペットフード協会の調査によれば、日本で飼育されている犬猫の数は約2000万頭にものぼる。しかし、『SUUMO賃貸』 で物件を探しても「ペット相談可」は1割もないというのが現状だ。なかでも実は「猫」がNGとされているところも多い。こんな状況を打開すべく、自ら大家となって「猫と幸せに暮らせる賃貸住宅」をつくり、現在もその拡充につとめている、“ねこ先生”こと株式会社クラシヲの杉浦雅弘さんにお話をうかがった。

自ら大家となって「猫共生アパート」をつくる

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

――杉浦さんは、なぜ「猫と幸せに暮らせる賃貸住宅」をつくったのですか?

私は27年間、不動産業に携わってきて、そのなかでも「賃貸管理業」が長く、多くの入居者・大家さんたちと接してきました。20数年前といいますと、ほとんどの賃貸物件は「ペットNG」です。しかし実際にはこっそり飼われる方も多くいました。犬を飼われる方は、鳴き声や散歩などで犬の存在を隠すのは難しく、近隣の方から連絡をいただくことが多かったのですが、逆に猫については、全然気づかれず、退去のときにはじめて分かるということもたびたびありました。

実際、何年も猫を飼っているのに周囲の方々に気づかれないということは、近隣には迷惑をかけていないのだし、飼ってもいいことにしたらどうか? なんて個人的には思っていたのですが、不動産業界や大家さんからは、猫というのは「爪とぎ」「におい」などの問題から、NGとされることがほとんどでした。

私は小さいころから実家で犬も猫も飼っていたので、どちらも大好きなのですが、特に猫に関しては、業界でタブー視され、飼いたい人が飼えない現実を目の当たりにしてきて、ずっと何とかしたいと思っていました。また、「飼いたい」というニーズが一定数あるということは、ビジネスとしても十分やっていけるだろうという目論見もありました。

次ページ誰もつくらないなら自分でやるしかない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT