数字に弱い人はグラフを自分向けに使えない

データをただ見ていても答えは出ません

「グラフのNG行為」で最も「NG」なこととは?(写真 :Graphs / PIXTA)

絶対にしてはいけない「思い込み」

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

「グラフのNG行為」をテーマにここまでお話をしてきましたが、実はもっとも「NG」なことが1つだけ残っています。極めて根本的なことゆえ、最後に残しておきました。

もしかしたらあなたは、グラフというものは「伝えるためだけ」に使うものと思い込んでいないでしょうか。もちろん伝えるための重要なツールであることは間違いありません。しかし、“だけ”というのは完全なる思い込みです。実はグラフには2つの用途があるのです。

・伝えるために使う

・読むために使う

あなたのパソコンの中にはたくさんのデータが眠っていることでしょう。ということは、そのデータを読み解くこともあなたの重要な仕事になるはずです。

次ページデータを読み解ける人の共通点とは?
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。