数字に弱い人はグラフを自分向けに使えない

データをただ見ていても答えは出ません

「グラフのNG行為」で最も「NG」なこととは?(写真 :Graphs / PIXTA)

絶対にしてはいけない「思い込み」

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

「グラフのNG行為」をテーマにここまでお話をしてきましたが、実はもっとも「NG」なことが1つだけ残っています。極めて根本的なことゆえ、最後に残しておきました。

もしかしたらあなたは、グラフというものは「伝えるためだけ」に使うものと思い込んでいないでしょうか。もちろん伝えるための重要なツールであることは間違いありません。しかし、“だけ”というのは完全なる思い込みです。実はグラフには2つの用途があるのです。

・伝えるために使う

・読むために使う

あなたのパソコンの中にはたくさんのデータが眠っていることでしょう。ということは、そのデータを読み解くこともあなたの重要な仕事になるはずです。

次ページデータを読み解ける人の共通点とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。