ダメな人は「円グラフ」の使い方が残念すぎる

「自分がカッコイイ」と酔っていませんか

グラフの「NG行為」とは?(写真 :ふじよ / PIXTA)

円グラフのNG行為

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

今回もグラフの「NG行為」をご紹介します。テーマは円グラフ。あまりにポピュラーなグラフゆえ、「NG行為」なんてあるのかと思われるかもしれません。

しかし、多くのビジネスパーソンの教育研修中の作業風景や、作成した資料を見ていると、「??」な円グラフをたくさん目にするのです。

たとえばある洋食レストランの1週間の注文メニューの割合が次のデータだったとしましょう。このデータを円グラフで表現します。

<洋食メニューの注文割合>

(1週間の注文数=100%)

シンプルにこのデータを表現したければ、単純に円グラフを作成すればそれでよいと思います。

ところが、あえてこのような3Dグラフで表現しようとする方がいます。私はこのようなグラフは「NG行為」と指導しています。いったい何故だと思いますか。

<洋食メニューの注文割合>

(1週間の注文数=100%)

次ページ「カッコイイから」「インパクトあるから」という理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。