仕事のできない人が作るグラフは穴だらけだ

細かい気遣いを怠れば勝ち戦も負け戦になる

「そんな細かいところ別にいいじゃないか……」と思いませんか?(写真 :kou / PIXTA)

「雑なグラフ」で仕事をしていないか

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

今回はグラフの使い方について、小姑のような細かい指摘をします。でもそれは重要な意味があってのことです。ぜひ最後までお付き合いください。

たとえば次のグラフをご覧ください。ある企業の女性従業員の中で、婚活に関心があるかどうかをリサーチした結果のデータです。私はこのグラフは非常に「雑な仕事」だと感じます。なぜなら、各年代の何名に調査した結果なのかが明示されてないからです。

20%とOFFと15%OFFはどちらがお得?

このグラフをパッと見せられると、先入観も手伝って「やっぱり年齢を重ねるにつれて関心度は高まるのね」なんて読み方をしてしまう人もいるでしょう。しかし、実際は20代が100名、30代が50名、40代が10名の調査結果だとしたらどうでしょう。

「年齢を重ねるにつれて関心は高まる」とは一概に言い切れませんよね。私はこのようなグラフを「穴」のあるグラフと呼んでいます。

次ページ注釈を入れましょう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT