家族4人60平米でもスッキリ暮らす人の秘密

優先順位を決めるのがコツ!

小さな家で快適に暮らすにはどうしたらいいでしょうか

商社でフルタイムで働くAさんは37歳のワーキングマザー。45歳の夫、3歳と1歳の男児との4人暮らしです。昨年秋、40m2の1LDKから、60m2の2LDK(LDK14畳、和室6畳、洋室5畳)の分譲賃貸マンションへ引越してきました。そんなAさんに、小さな家での快適な暮らしについて伺います。

収納スペースよりも子どもが自由に遊ぶスペースを優先

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

東京郊外に住むAさんは4人家族。結婚してから昨年秋までの8年間、約40m2の1LDKにお住まいだったそう。第2子の誕生を機に引越しを考えていたところ、タイミングよく好条件の部屋と出合いました。それが現在のお住まいです。

“好条件”といっても、Aさん宅は60m2の2LDK。国土交通省によると、都市圏に暮らす4人家族の理想的な居住面積は約95m2。子どもが小さいことを考慮しても、決して広いとは言えません。

【画像1】玄関から続く廊下の突き当たりにあるLDK。角部屋、ワイドスパンで窓が多く、天井高にもゆとりがあるため、約14畳という実際の広さよりもゆったりと感じられます(写真撮影/片山貴博)

ところが、「これまで暮らしていた家もコンパクトだったせいか、今の家もとくに狭いとは感じていないんですよ」というAさん。たしかに、Aさん宅はどの部屋もすっきりと片付いていて、狭さを感じさせない開放感があります。

「4人家族になってものが増えた分、もっと収納スペースがほしいという気持ちもありました。でも、引越しの一番の目的は、子どもたちが自由に遊ぶスペースを確保することだったんです。家選びの際、とくに重視したのは『リビングの広さ』でした」

そんなAさん宅のLDKは約14畳。角部屋でワイドスパンのリビング・ダイニングは窓が多いため、日中は明るく、風通しもバツグンです。大きな収納家具を置いていないことも、開放感アップの一因のよう。

次ページ子どもたちのおもちゃはどう片付ける?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT