「雑然子ども部屋」が見違える!プロの収納術

散らかる要因は子どもの年齢によって変わる

まずは子どもに任せるというつもりで見守りましょう

モノが多くて散らかりがちな子ども部屋。どのように収納スペースを作っていけばいいのか悩ましいところです。わが家も子どもの成長とともに試行錯誤していますが、なかなかキレイを保つことができていません。

そこでアイリス収納・インテリアドットコムの奥村さんに、子ども部屋収納のコツを聞きました。

散らかる原因が何かを知ろう

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

「子ども部屋が散らかる原因を挙げてみると、『モノが多い』『収納場所が少ない』『モノの定位置が決まっていない』『収納場所が不便な場所にある』『収納が細かく仕切り過ぎていること』などです。これらをひとつひとつ改善し、子どもでも収納しやすい環境を作れば、散らかることが減っていきます」と奥村さんは話します。

「まず最初に行うことは、必要なものと不要なものを分けること。これは年齢によって変わってくると思うので、定期的に見直しましょう。そして必要なものの収納場所の定位置を決めることです。

このときのポイントは、子どもと一緒に決めることと、あまり細かく決めすぎないこと。大雑把な収納でOKなのです」

次ページなぜ「子どもに任せる」が大事なのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。