それで助かる?防災グッズは「収納法」に注意

床下収納を使うならココに絶対気をつけて!

床下収納を防災用品置き場として使うには?(写真:sacco / PIXTA)
防災のための非常食を置く場所がないと悩んでいたら、ほとんど使っていない床下収納を発見。ここを利用するのはどうだろう? と思い、防災に役立つ収納法に詳しいライフオーガナイザーの新倉暁子さんに聞きました。

床下に入れていいもの、ダメなもの

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

そもそも、床下収納を防災用品置き場にしていいものでしょうか?

「家中のどこが被害にあっても防災用品を使えるようにするために、防災用品は数カ所に分散して備蓄するのがよいとされています。収納場所のひとつとして床下収納を使うのはありですよ」

と新倉さん。

水害のとき床下収納は最も浸水しやすい場所。防災用品の備蓄場所として利用する場合は、防水対策がしっかりできているか確認しましょう。また、床下収納が高温多湿になる場合は、食品の保管には不向きです。
床下収納のフタが地震の揺れでゆがみ、開かなくなることも考えられます。フタをこじ開けるための工具を近くに置いておきましょう。
一時退避時に必要なもの(懐中電灯、飲料水、救急用品、数日分の非常食など)を詰めたリュックサックは、すぐ手に取れる場所に置いておくこと。床下収納に入れるのはNGです。
次ページ意外と忘れがちな「食事関連用品」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT