高層階も楽々到達…ゴキブリ進入の仰天経路

快適環境で知らぬ間にすくすく育っている

ゴキブリは、生まれたときは無菌です。ただし、地中や下水などのジメジメした暗いところを好むため、そこで菌をもらってくるのです。

「ゴキブリはわざわざインターホンを押して玄関からやってくるわけではありません」と青木先生。ではどこから侵入してくるのでしょう。

■植木鉢

ベランダに出しておいた植木鉢や、花屋で買った植木鉢の土に卵を産みつけている可能性があります。植木鉢は暖かな日なたに置かれることが多いので、卵は快適な環境ですくすく育ちます。

■宅配便の段ボール

宅配便や通販会社などの倉庫にゴキブリがいて、段ボールに卵を産みつけている可能性があります。玄関で受け取ったら、キッチンに持ち込まず、できるだけ早く外に出してしまいましょう。段ボールに限らず、食品を運搬する発泡スチロールやビールケースも同様です。

「人のぬくもり」はゴキブリにとって超快適

■衣類や靴、バッグ

気づかず自分が持ち込んでいることも多いそう。ショックですね。たとえば飲食店でハンガーにかけたジャケットの襟裏やポケットは、人のぬくもりがあってゴキブリには快適な場所。床にバッグやかばんを置くのも危険。靴も要注意です。

■ベランダの排水管

「マンションの10階だから飛んでこないだろう」と安心しているなら大間違い。マンションで気をつけなければいけないのは、ベランダの排水管。雨を伝わせる排水管は、地面から屋上まで続いています。下水で汚染されたゴキブリが、ベランダで侵入のタイミングを見計らっているかもしれません。

……ゴキブリの侵入経路はわかりましたね。できる限り入ってこないように気をつけなければいけません。

そして、もうひとつ大切なポイントは増やさないこと。ゴキブリが好きな「ジメジメ」「あたたかい」「エサ」をなくして、繁殖をさせないことが大切です。

次ページ水1滴も残さないほうがいい理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT