家族がハッピーになる「愛犬家住宅」のリアル

人気コーディネーターに聞いてみた

人にとって住みやすい家が、犬にとって住みやすいとは限らない(写真提供/池田千夏子さん)

昔と違って犬は室内飼いが基本の昨今。里親募集でも譲渡の条件は“室内飼い”となっていることが多い。 そんな時代、“愛犬家住宅コーディネーター”という肩書きで、住宅デザインを提案する人たちがいる。どんな住宅が犬にとって良いのか? 筆者も愛犬コーギーのために興味津々。リフォームした実例と共に、そのキモを教えていただいた。

“愛犬家住宅”って、どんな家?

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

犬種にもよるが、犬は集団生活を好む生き物。家族の一員として、家族と遊び家族を守るのが彼らの思い。しかし、人にとって住みやすい家が、犬にとって住みやすいとは限らない。

“愛犬家住宅コーディネーター”という資格を設定し、教育・普及活動を推進しているワンオンワン社によると、“愛犬家住宅”とは、愛犬と愛犬家の目線で「安全・安心・快適」に暮らせる、さまざまな工夫とアイデアにあふれた家ということ。コーディネーターは、愛犬の「育て方」と愛犬の「住まい方」を両軸で“愛犬家住宅”を提案するスペシャリスト。現在の資格者は全国に3671名(2016年7月時点)。

愛犬家住宅コーディネーターの池田千夏子さん。在住の北海道を拠点に、会社員と二足のワラジで活躍中!(写真撮影/藤井繁子)

今回は愛犬家住宅へのリフォームを自邸でも実践し続けている、人気コーディネーターの池田千夏子さんにお話を伺った。

「愛犬はゴールデンレトリバー。14年前に建てた自宅も犬のために工夫したつもりでしたが、コーディネーターの勉強をして犬への理解が深まり、6年前“愛犬家住宅”にリフォームしました」という、池田さん。

次ページBefore と After
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT