仕事のできない人が作るグラフは意味不明だ

伝えたい「メッセージ」はいったい何ですか

第2回目のキーワードは「メッセージ」です(写真 :kou / PIXTA)

「メッセージ」を込めなさい

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

グラフの超基本。第2回目のキーワードは「メッセージ」です。前回もお伝えしたように、グラフを作るときのポイントは、「あなたが何を伝えたいか」です。決して「見栄えがカッコいいかどうか」ではありません。換言すれば、あなたがそのグラフにどんなメッセージを込めるかが重要ということです。

そこで、メッセージを込めるとはどういうことか、前回作成した書籍販売数データに関するグラフをそのまま使い、メッセージを込める作業をしてみたいと思います。

3冊に1冊はAmazon.comで売れている

まずは前回作成した書店別の販売数を比較した棒グラフ。

<書店別 販売数量の比較>

たしかにこのグラフでも事実は正確に伝えています。しかし、何が言いたいグラフなのか、作成側の意図が伝わってきません。伝えたいのが「上位20位のうち、amazon.comだけで34%を占める」というメッセージなのであれば、それが一目で伝わるようなグラフにしましょう。

次ページ一目で伝わるグラフはこうだ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。