秋田の「映画館つきの家」を見に行ってみた

千葉に新築の家があるのに家族と移住

「映画館つきの家」の暮らしとは?(写真提供:切替義典さん)

今年5月、「物件を借りたら映画館だった」というネットニュースが話題になっていた。物件が映画館? では、部屋はどうなっているの? 家賃は? 間取りは? と気になることばかり。ということで、さっそく現地に行き、気になる「住み心地」や「満足度」について、話を聞いてきた。 

映画館では、子ども2人と夫妻、映写技師の5人が暮らす

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

「閉鎖になった映画館をサラリーマンが引越してきて、再開した」。そんな、映画を地で行くような話の舞台となったのは、秋田県北部の大館市。青森県にも隣接する人口7万人超の小さなまちだ。

2014年に再開されたのは「御成座(おなりざ)」。東北地方では独立した建物としては、唯一の名画座だ。ちなみに筆者が訪れた日は、再開2周年&大館にちなんだ作品ということで、『ハチ公物語』を上映していた。そう、渋谷にもいる忠犬ハチ公は、大館出身なのだ。

御成座の代表を務める切替義典さん。この映画館の2階に家族と暮らす(写真撮影/嘉屋恭子)

「あー泣いたよー」と目をこすりながら、登場したのはこの映画館の支配人・切替(きりかえ)義典さん。現在、妻と子ども2人、映写技師さんとともに、この映画館に暮らしている。ただ、切替さんはもともと千葉出身、現在も千葉県に一戸建て(しかも新築で購入!)を所有しているという。

「千葉の家は、まだ築3〜4年だし、住宅ローンもたっぷり残っているよ。だから必死で働かないと」と笑う。現在は切替さんの母親が住んでいるという。切替さん自身は出張が多いため、この秋田の映画館兼住まいは、妻と子ども、映写技師さんが長い時間を過ごすそう。

2012年ごろから秋田県での仕事が増えたため、自分とスタッフが寝泊まりする場所と事務所を兼用した建物を探すところからスタートした。あくまでも、会社員の仕事の一部として探したのがはじまりだ。

「このあたりは空き家も多いんですが、駐車場が付いて建物が使えて、寝泊まりできるとなると、ピンとくる物件もなくて。ただ、何度かこの建物の前を通り過ぎたことがあり、気になってなかを内見させてもらいました」

次ページ第一印象は「とにかく怖かった」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。