無印良品でリノベした家を見に行ってみた

予算800万円でマンションが激変

今回の「MUJI INFILL 0」までのリノベーション費用は、約800万円(63m2)。デザインにもこだわったオプションなど、+αの費用をかけたNさんのお宅。詳細を拝見させていただこう。

回遊型の動線は「家事がしやすくて大満足!」

こちらのマンション、購入時は63m2の3LDK。リノベーション後は夫の仕事室以外をフルオープンで回遊できる2LDKに。ウォークイン・クローゼットも、寝室からの動線上に配置され効率の良い収納設計だ。

「キッチンをアイランド型にしたのが特に良かったです。夫婦2人で料理をする事もあるので、手前からも出入りできるのが便利です」

【画像7】キッチンからクローゼットや洗面所、洋室への回遊動線

現在は、キッチンカウンターに座って食事をするため、オプションでキッチンの奥行きを80cmに広くしたそうだ。

「ガスコンロは主人のこだわりですが、食洗機をビルトインしたのも大正解でした」と、大満足のNさん。動線の工夫は、キッチン→クローゼット→バス・洗面→洋室(寝室)→玄関へも回遊できるようにデザインされている。

【画像8】キッチンからクローゼット→直進で寝室、→手前右にバス・洗面の動線(写真撮影/片山貴博)
次ページ断熱効果を実感
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT