無印良品でリノベした家を見に行ってみた

予算800万円でマンションが激変

「MUJI INFILL 0」のリノベーションをしたお宅を訪問!

前編記事で、紹介した無印良品のマンション・リノベーション事業。この後編では、実際に中古マンションを購入して「MUJI INFILL 0」のリノベーションをしたお宅を訪問し、施主さんに直接お話を伺ってみることにした。

30歳前半で超都心にマンション購入!? リノベなら実現

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

訪問したのは東京都新宿区。地下鉄2路線の駅から歩いてすぐ、都会のド真ん中にあるマンション。

大通りから一本入っているので、意外と静かな住宅街になっている好立地。こんな場所になかなか新築マンションは建たないし、できても億ション級だなぁと思いながらタイル張りのマンションに訪問。

【画像1】マンションとしては、土間が広く取られた玄関。自転車2台を余裕で置ける(写真撮影/片山貴博)

築19年の管理が良さそうなマンション、その2階が今回リノベーションしたお宅。玄関を入ると、カッコいい自転車が出迎えてくれた。

玄関を入って左手、真っすぐに段差無しで伸びた廊下がLDKに続く。

そして、リビングキッチンが開放的に広がる。天井設備があらわしのまま白を貴重にした、これぞ“MUJIリノベ”らしい空間だ。

このお宅にお住まいなのは……こんな、若い女性でビックリ!? 今年3月から入居で、まだ4カ月程度の新居だ。 

次ページなぜ、中古住宅+リノベーションという選択をしたのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • コロナショック、企業の針路
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT