無印良品で家をリノベ、その気になる中身

70平方メートル前後で約600万円

MUJI INFILL +のプラン例

画像を拡大
3ページ目の状態から家具や間仕切り収納の配置を変えると、また違った暮らし方が生まれる(写真/MUJI HOUSE)

“可変性”の高い住まい

キッチン・バス洗面の水まわりを住戸の真ん中に置いたプランに、MUJIの家具やシェルフでゾーンを緩やかに分けてゆく(写真/MUJI HOUSE)

「MUJI INFILL 0」の一室空間がベースなので、将来10年20年後に家族構成が変わっても「MUJI INFILL +」によって空間変更ができる“可変性”の高い住まいであることも評価頂いています。

――シンプルな生活スタイルを好むMUJIファンに、ピッタリとハマるコンセプトに納得。

「MUJI INFILL 0」へのリノベーション費用は、物件の条件にもよるが70m2前後で約600万円という事。お話を伺って、実際にリノベーションされたお宅を見たくなり……次回は、完成入居宅に訪問取材することになった。実邸のレポートにもご期待ください!

●取材協力  MUJI INFILL 0
●参考  無印良品の家、実邸「窓の家」見学会に行ってきました!

(文・藤井 繁子)

SUUMOジャーナルの関連記事
“お掃除×インテリアのプロ”ママ友歴23年の大人リフォーム!
なぜ、今「小屋」? 無印良品がMUJI HUTをつくったわけ 
“食洗機 今後も利用したい”は5割以下。その不満点とは?

 

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT