従来の仮設住宅より快適?「小屋」の可能性

1棟150万~300万円の庭先暮らし

庭先に小屋(6畳・10m2畳程度)を建てて、そこで寝起きをしながら、生活再建をしてもらう

2016年4月に発生し、大きな被害をもたらした熊本地震。今なお余震が続くなか、避難所や車中泊で避難生活を続けている人も多い。この住まいの問題を解決するため、熊本県西原村で、「板倉」という日本の伝統的な構法でつくった「小屋」に庭先避難をする試み、その名も「ちいさいおうちプロジェクト」がはじまった。被災地の復興にも、日本の森林の復興にもつながる取り組みのようすを紹介しよう。

2~3日で完成する「ちいさいおうち」

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

そもそもこの「板倉構法」は日本の伝統的な構法のひとつで、主に神社や米倉などで採用されてきたもの。板を3層にも重ねてつくる頑丈な建物で、人命や食糧など、大切なものを守るために使われてきた。実はこの板倉構法、仮設住宅としてもすぐれていて、(1)工期が短い(2)低コスト(3)居住性にすぐれる(4)耐震性、防火性も高い※1(5)移築やリフォーム、リサイクルが可能、(6)国産材を使うので地域経済が潤う、といったメリットがある。そのため、東日本大震災時にも福島県いわき市で仮設住宅として採用された。さらに今回、熊本ならではの事情があるという。

※1……板倉構法は、防火構造の国土交通大臣認定を取得している。

1枚の木の厚みが3cmほど。これが壁板になり、柱のあいだにはめこまれていく。その上に木の板を、縦横と方向を変えて重ねることで、防火性・耐震性を兼ね備えた建物になる(写真撮影/嘉屋恭子)

「西原村は1軒あたりの敷地が大きい。ですから、庭先に小屋(6畳・10m2畳程度)を建てて、そこで寝起きをしながら、生活再建をしてもらう。敷地内で暮らせるので心理面での負担も少なく、また防犯面でも安心。地域のコミュニティも分断されません」と話すのは、このプロジェクトの発起人でもある藤本誠一さん。西原村で藤本和想建築という建築会社を営むとともに、西原村商工会の建築部会長を務めている。

次ページ災害の多い日本で受け継がれてきた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT